Etsuko Suzuki

黒い詰襟とセーラー服

cof

十三歳で手術のため入院した

不安な気持ちで天井を見つめていた

 

「血液検査をします」

ドアから きりりとした顔立ちの青年

白衣が眩しい

 

彼はベッドに斜めに腰を掛けて

ちょっと痛いかも知れないけど我慢ね

そう言い耳たぶをナイフで小さく刺し

細い管で血を吸いシャーレ―に入れた

その間じゅう青年に半ば抱かれるような格好になっていた…… その時

私はこの青年が好きだ! と思った

白衣を見つめていると

ボタンの穴から 白衣の隙間から

私の熱い思いが届くといいと思った

 

「O型ですね」

さり気なく言うと去っていった

それからの入院生活は

毎日が期待感に満ちていた

偶然屋上で二人だけになると心躍った

 

ある日の夕方一人で彼を待ちながら

何気なく通りを見下ろした瞬間

私は膝から崩れ落ちた 心臓は大暴れ

夜間学生の彼は女子学生と肩を並べて

 

これほど残酷なことがあるなんて……

 

退院の日をひたすら待った

十三歳で手術のため入院した

不安な気持ちで天井を見つめていた

 

「血液検査をします」

ドアから きりりとした顔立ちの青年

白衣が眩しい

 

彼はベッドに斜めに腰を掛けて

ちょっと痛いかも知れないけど我慢ね

そう言い耳たぶをナイフで小さく刺し

細い管で血を吸いシャーレ―に入れた

その間じゅう青年に半ば抱かれるような格好になっていた…… その時

白衣を見つめていると

 

 

ボタンの穴から 白衣の隙間から

私の熱い思いが届くといいと思った

「O型ですね」

さり気なく言うと去っていった

 

それからの入院生活は

毎日が期待感に満ちていた

偶然屋上で二人だけになると心躍った

 

ある日の夕方一人で彼を待ちながら

何気なく通りを見下ろした瞬間

私は膝から崩れ落ちた 心臓は大暴れ

夜間学生の彼は女子学生と肩を並べて

これほど残酷なことがあるなんて……

 

退院の日をひたすら待った

戻る

次の作品へ

虫くいの穴から見る夢
詩人 鈴木悦子オフィシャルサイト
2020 Copyright © All rights reserved.

鈴木悦子のホームページ